感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12 月の中旬頃にピークとなる傾向があり
ます(※1)。本年においても、第45 週以降、感染性胃腸炎の定点医療機関当た
りの患者の発生届出数に増加傾向が見られております。
この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くは、ノロウ
イルスによるものであると推測されております(※1)。本年においては、平成
29 年11 月10 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課長通知「ノロ
ウイルスによる食中毒の予防について」により注意喚起をしているところです。
引き続き、今後のノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の発生動向には注
意が必要な状況です。
つきましては、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が急増するシーズンに備え、
「ノロウイルスに関するQ&A」(平成29 年12 月7日作成 ※2)、「ノロウイルス
食中毒予防対策リーフレット」(※3)及び「ノロウイルス等の食中毒予防のた
めの適切な手洗い(動画)」(※4)等を参考に、手洗いの徹底、糞便・吐物の
適切な処理等の感染予防対策の啓発に努めるようお願いします。
また、これまで感染者が食品の調理に従事することによる食中毒も多発して
いることから、平成19 年10 月12 日付け医薬食品局食品安全部長通知「ノロ
ウイルス食中毒対策について」(※5)等を参考にノロウイルスによる食中毒の
発生防止対策にも留意願います。

「参考」
(※1)ノロウイルス等検出状況 2017/18 シーズン
http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr-noro.html

(※2)ノロウイルスに関するQ&A(最終改定:平成29 年12 月7日)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000187293.pdf

(※3)ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanz
enbu/0000182906.pdf

(※4)ノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗い(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=z7ifN95YVdM&feature=youtu.be

(※5)ノロウイルス食中毒対策について

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/10/s1012-5.html